恋愛学

複数の女の子と関係をもって「女慣れをする」重要性!

「エッチしたい、風俗ではなくて自分の力で女の子を捕まえてセフレ化してセックスしまくりたい」

あえて「風俗ではなく」自分の力でセフレを作りたいと考えている人は多いのではないでしょうか?

あなたがセフレをなかなか作れないのはいったい何故でしょうか?

顔がイケメンじゃないから?

お金がないから?

かっこいい特技を持っていないから?

いいえ、全部違います。

答えは女慣れしていないからです。

セフレ作りはポケモンと一緒

セフレ作りはポケモンと一緒です。

男子校出身で理系タイプの女の子と手をつないだことのない男性がいきなりセフレを5人作って毎晩、毎晩女の子をたらいまわしにするなんてことは難しいです。

そんなのレベル2のポッポを連れてレベル70のミュウツーにバトルを挑むようなものです。

細かいテクニックよりも女の子と会った人数、試行錯誤の数が重要

よく「モテる系の本、モテる系の情報商材」がこの世の中に大量に販売されていますが、それらの本や商材を読んでも絶対にセフレができるようにはなりません。

ポケモンで言えば、モテる系の本、商材を読むことは、攻略本を読んで1回もポケモンバトルをしないことです。

あくまで攻略本やテクニックは補助であって、ポケモンで野生のポケモンやそこら辺のポケモントレーナーとバトルしなければ経験値が増えてレベルアップしません。

1カ月後に36レベルになったピジョットと、攻略本しか読まずに経験値をためなかったそのままの状態のポッポってどっちが強いんでしょうか?

・・・・おそらく、というか絶対前者ですよね?

セフレを作るのも同じで、やはり攻略本やテクニックを勉強せずにどんどん出会い系を使って出会っていったほうがセフレを作れる確率は上がります。

失敗はガンガンしたほうがよい

当然、セフレを作ろうとすると失敗することもあります。

例えば、女の子に超嫌われるとか、LINEやメールを既読スルーされるだとか、急に音信不通になるだとか、初めて会った女の子の前で挙動不審になって「キモい奴」と思われたりだとか。

私自身、男子校出身で女の子に触れたことがない童貞くんで、顔もキモかったですし、センスもないキモオタブサメンでした。

最初は上記のようにいざ女の子と話してみると緊張でガクブル状態で、実際に「気持ち悪い」と言われたことがあります。

「キモい」じゃなくて「気持ち悪い」です・・・(;^ω^)

ですが、その後ひたすら出会い系を使って女の子に会っていって、まずは会話慣れから、それから手をつないでみたり色々しているうちにセフレ化までたどり着くことができ、今ではセフレを4人抱えています。

最初はレベル2のポッポでしたが、今ではレベル70のミュウツーになった気分ですね。

ポケモンをするような感覚でセフレを作っていこう

最初からいきなり禁止級レベルのミュウツーにはなれません。

最初は、セックスだけを考えずにとりあえず長い時間かけて女の子にこういうことを言ったらダメだ、とかこういう言い方をすれば喜ばれるというのを徐々に学んでいき、失敗したら反省して次に上手くいくように対策を立てていくことでどんどん女の子のツボというのがわかってきます。

結局、相手も人間で、女性なので「セックスしました、ハイ終わり」という関係のセフレって実はほとんどないです。

あくまで「友達関係」からスタートして、相手から見たらセフレというのは「友達」と「恋人」の間のことが多いです。

付き合うことはないけど、体の相性はいいだとか、あと一歩で恋人候補だとか、友達よりも少し特別な関係ですね。

ですから定期的にエッチできる女性を確保するには、まず女の子の「ツボ」を抑えることができるように女慣れをしていくのがベストです。

身近な女性だとリスクが高い

気を付けなければならないのは「身近な女性をターゲットにするとリスクが非常に高い」ということです。

職場の女の子や学校の女の子複数人に対して「女慣れ」とはいえガンガン手を出していくと、嫌われてしまいます。

やはりリアルな関係で女慣れをすると男からの嫉妬、女からのめんどくさいヒソヒソ話をされるようになってしまいます。

本当、そういうのはめんどくさいのでリアルな関係であまり手を出し過ぎないほうがいいと思います。

一番いいのは出会い系SNSを使うこと

一番いいのが出会い系専用SNSを使うことです。

多少、お金はかかりますが、すぐにLINEを交換すればそんなにお金もかかりませんし、出会い系だと相手の女性も男と会いたいという属性なので非常に会いやすいです。