女性とのデート

【保存版】女の子をラブホに誘う方法

ホテル

サシでお酒を飲んだり、夕食を一緒に食べた後に

・どうしても「今」セックスしたい

・セフレを作るために会ったのにセックスしないとか!

・今すぐこの女の子をめちゃくちゃにしたい

という状況に陥ったことありませんか?

私は再三再四あります(笑)

そこで今回女の子をホテルに誘う方法について書きました。

ホテルに誘う方法それは・・・

ホテルに誘って女の子とセックスするためには「失敗したら次の女とやれればいいや」と思うコトです。

下心を完全に隠してホテルに誘うなんて無理です。

玉砕覚悟で誘ってみて、OKならラッキー、拒否られたら諦めて次に行くくらいがちょうどよいでしょう。

まだホテルに誘うのに慣れていない状況だとかなり緊張すると思いますが、嫌われて今後会えなくてもおっけー、無理だったら次に行けばいいやと思ってた方が案外気が楽になります。

ラブホ即ヤリの成功率をあげる方法

そしてこれが最後の決め手です。

ラブホにその場で連れ込める一番いい方法が2つ、それは「出会い系サイト経由で出会うこと」と「お酒を飲むこと」です。

女の子はお酒を飲む場合と飲まない場合、ラブホに誘った際の成功率が全然違います。

お酒が入っていないときは例え心の中ではOKでも、恥ずかしいゆえに断られるケースがありますが、お酒が入っていると理性がなくなるので誘ったときの成功率が上がります。

また、出会い系サイトは割と相手もセックスOKの属性が多いので、リアルナンパなどで出会える女の子よりも出会い系サイトで出会える女の子の方がラブホに誘ったときにOKが出る可能性が高いです。

サクラがほぼ存在しない2つの出会い系サイト【最新版】あなたは出会い系を使っていてサクラに出会ったことはありますか? 最近はサクラの存在がより巧妙になってきているので、もしかしたらやり...

とはいえ「直球」は避けて理由を付けたほうがいい

「セックスしたいからホテルに行こう!」だとか「一発ヤらせてよ」というのは流石にバカです。

女性は雰囲気を非常に大切にする生き物です。

ですから女性は生々しい下ネタが苦手ですし、雰囲気を大切にしないセックスをしたいとは思っていない生き物です。

なのでキスをしたり手をつないでいるくらい良い関係でなければ、直球勝負は避けたほうがいいです。

ホテルに誘うには「建前」「理由」を付けるべき

何でもいいです。

・「終電逃したから泊まろうか」

・「ホテルで少し酔いを醒まそうか」

・「少しコーヒー飲んでいこうか」

など理由を付けてみてください。

別に本当の理由じゃなくてもいいですし、どんな理由であれホテルに行くことをOKと言ったら、心はOKなんです。

これを直球で「セックスしたい」と伝えてしまったら、「軽い女と思われたくない」という気持ちから断られる可能性が高くなってしまいます。

基本的にはホテルに誘う段階で合否が決まっていると思ったほうがいい

受験やスポーツで「試験の合否は既に受ける前から付いている」なんて言われていますが、セフレを作ることにも大方同じことが言えて、そもそもホテルに誘う時点でOKかNOかは決まっているようなもんです。

誘い方がよほど直球でひどくない限りはOKの場合、その前のしぐさ等でわかりますし、絶対無理な場合もある程度わかります。

前者の場合で断る女の子は本当はOKなのに「どうしても恥ずかしい」という理由で断っているだけです。

この場合は別に次の機会でもホテルに誘うことはできますし、ある程度手慣れている人であれば押せば行けます。

後者はどんなにホテルの誘い方がうまくてもセックスできる見込みはないですので諦めましょう。

ホテルに行ってもOKかどうかどの部分で見極めるか?

女の子が自分に好意を持っているかどうかの判断は以下のようなサインやしぐさである程度わかります。

話していて笑顔が多い

一緒にいて気が合わなかったり、つまらない人と話しても普通はなかんか笑顔を見せてくれません。

笑顔を見せてくれるということは少なくとも嫌いではなさそうです。

雰囲気がいい

よほど鈍感でない限り、良い雰囲気か悪い雰囲気かくらいはわかります。

明らかに悪い雰囲気のデートの場合、ホテルに誘っても難しいですしセフレにすることは無理です。

これは女の子のタイプが自分と合うかどうかによるので、賭けですね。

近い距離で話してくれる

割と好意をもってくれる女の子は近い距離で話してくれます。

手をつないでも拒否されない

実際にラブホに誘えるか誘えないかという点で、「手をつないでみる」ことで見極めることができます。

飲食店から出るときに「行こうか」といいながら自然に手をつないで反応を見るという方法です。

大事なのは反応、雰囲気

大事なのは「言葉」ではなく「反応、雰囲気」です。

日本人は断るのが苦手なので、誘われても言葉では断れなくても雰囲気、反応でなんとなくわかります。

ちょっとした反応、雰囲気で自分に好意があるかないかはわかります。

ホテルに誘ったときの反応は大きく分けて3パターン

上記のことを踏まえてホテルに誘ったときの反応は大きく分けて3パターンあります。

・体を許してもいい

・正直迷っている

・絶対嫌だ

この3つのパターンです。

体を許してもいい

特に問題なく「うん、いこう」と言ってくれます。

よほど経験値がなかったり鈍感でない限りOKです。

正直迷ってる

合否が別れる場面ですね。

「え~まだお互いのことよくわからないし」

「え~どうしよ・・・」

というようなセリフが出たら、それは「迷っている」のです。

この場合は押してみましょう。

「ちょっと休憩するだけだから」「嫌われるようなことはしないから」と言いつつ押しましょう。

リア友だったらこの場合、躊躇しますが、出会い系で出会った女の子なのでリスクとか考える必要ないです。

押して押して押しまくって押しきりましょう!!(ただしガチ目に嫌がっている場合は犯罪になるの辞めましょう)

迷っている女の子には押しきるのが一番です。

絶対に嫌だ

「絶対嫌だ」という場合、雰囲気で伝わってきます。

言葉でも「嫌だ」「帰りたい」といったらそれは拒絶です。

大人しくあきらめましょう。

無理やりはガチ犯罪ですし、1人の人間にこだわるよりも次に行ったほうが早いです。

まとめ

というのがラブホに誘う一連の流れです。

まとめると

・お酒を飲む

・手をつないでみる

・雰囲気を察する

・理由を付けて誘う

・最後に断られてもいいという前提で進める

というのが一連の流れになります。

やはり断られるリスクも当然あるので後腐れを気にするのであれば、リアルで交流のある女の子よりも出会い系サイトで出会った女の子を攻めることをおすすめします。