恋愛学

彼女の作り方!確実に彼女を作れる4つのポイントとは??

「どうしても彼女が欲しい!」

「清楚で可愛い彼女がどうしても欲しいんだ!」

「でも俺は彼女いない歴=年齢だ・・・。」

「イケメンじゃないし自信がない・・・。」

など彼女は欲しいけど、なかなかできないとあなたは悩んでいるかもしれません。

そこで今回、彼女の作り方について徹底的に書いていきたいと思います。

彼女を作るのはセフレを作るのと一緒?

単刀直入に言うと、彼女の作り方もセフレの作り方も同じです。

何故、彼女の作り方がセフレの作り方が同じなのかというと、以前の記事【セフレの作り方】セフレを作る女の心理を徹底解説 でも書きましたが、女性は基本的にどんな男ともセックスする生き物ではありません。

【セフレの作り方】セフレを作る女の心理を徹底解説セフレを作ろうと思っている男性にありがちなのですが、そもそも男と女の性欲が違うという前提がなかなか理解できない人が多いです。 この...

男性はいつでもどこでも簡単に射精ができてしまうので、どの女性ともセックスしたいと思うのが本能です。

ですが、女性は男性の本能と違っており、本能的に強くてたくましくて頼りがいがある遺伝子のみ欲しいという本能があります。

つまり女性は誰とでもセックスしたいわけではなく、セフレを欲していません。

にも関わらず、女性がセフレ化するのは「良い子孫を残すためにこの人と性行為をしたい」という本能的欲求があり、「その人の彼女になれない」ということを受け入れたうえでセフレになるのはしょうがないと割り切った上でセフレになるのです。

言い換えると本当は彼女になりたいのだけれど、相手が彼女や妻がいるためしょうがなく性行為のみの関係を受け入れるわけです。

ですからセフレの作り方と彼女の作り方のアプローチは基本的に一緒です。

彼女の作り方の「キモ」は?

結論から言うと彼女の作り方の「キモ」は「まずセックスすること」です。

「は??、ぼ、ぼくはそんなにふしだらなことをいきなりしたくないっ!!(本当は凄くしたい」)」

と思うかもしれませんが、女性はセックスをすることで相手に感情移入し、好きになる可能性が高いです。

もしどうしてもセックスができなくても

・手をつなぐ

・キスをする

この2つのステップをクリアできれば高確率で彼女化させることができます。

「あなたがキスしたせいで完全に惚れちゃった」

と言わせることができたら成功です。

まずは「セックス」か「手をつなぐ」か「キス」まで到達するために逆算して彼女を作っていく必要があります。

彼女を作るための4STEP

彼女を作るための4STEPは至ってシンプルです。

彼女を作るための4STEP

・出会う

・デートする

・お酒を飲む

・手をつなぐ・キス・セックス

この4STEPだけです。

出会う

一番重要なのはこの部分です。

いかに出会いを増やすかがカギです。

彼女を作るうえで「リアルで出会う」のでもいいですし、「ネットで出会う」のでも良いです。

セフレの場合は後腐れ的な問題で、徹底的にネット経由での出会いを強くオススメしていますが、彼女の場合なら別にリアルで出会って…という形でもいいと思います。

ただやはり、後腐れ的なものを気にしてしまう方(例えば特定のコミュニティの人と付き合って別れづらくなったり、いろんな噂をされたりと)は出会い系サイトや婚活サイトを使ったほうがいいです。

とりあえず出会いの母数を増やしていくことが彼女を作るための鍵となるので、リアルでもネットでもいいですがどんどん出会っていきましょう。

もし出会い系を利用するのであればおすすめなのは

1位:PCMAX

2位:ハッピーメール

3位:YYC

といったところです。

PCMAXは年間広告費に10億円かけており、ギャル系雑誌に広告を出しているためギャル寄りの女の子が多くハッピーメールはレディースコミック などに広告を掲載しており天然・清楚系の女の子が多いです。

セフレを作る場合、婚活寄りの女の子が多いのでオススメしていませんが、彼女を作る場合であればYYCは悪くはありません。

PCMAXで出会いを探す [18禁]
 
ハッピーメールで出会いを探す [18禁]
 
YYCで出会いを探す [18禁]

デートする

極力自宅近くでデートしたほうがいいです。

初めて会う女の子に土地勘のない場所でデートして

「??ここ、どこだかわからん・・・?」

とか言ってあたふたしていたら「頼りない」と思われてしまいかねます。

出来るのならば自宅近くの自分のホームでデートできればベストです。

あなたが一人暮らしの場合自宅近くの遊び場でデート、あなたが家に連れ込めない状況ならば自分が良く知っていてラブホが近くにある場所でデートをするのがおすすめです。

お酒を飲む

デートが終えたらお酒を飲みに行きましょう。

お酒を飲んだ勢いで手をつないだり、キスをしやすくなります。

ここでの上記のデート同様、必ず自分の自宅、もしくはホテルの近くで飲みましょう。

飲みが終わった後に自宅かホテルが家から近い場所にあれば「少し休もうか」と連れ込むことができます。

出来るならばお酒を飲み終わって店から出たタイミングで手をつなぐ&キスすることができればベストです。

手をつなぐ・キスをする・セックスする

お酒を飲んだら

手をつなぐ

キスをする

セックスする

この4ステップで行っていくことをお勧めします。

いきなりセックスは難しいので、まず手をつなぐことで反応を見る必要があります。

順番は手をつなぐのがOKであればキスがOKの可能性も高く、キスがOKならばセックスもOKの可能性が高いです。

セックスがOKなら彼女になるのもOKの確率も高いです。

手をつなごうとして強い拒否をされたり、リアルに嫌がるようであればこれ以上は無理に手を出さずに後日もう一度デートしたほうがいいです。

もし手をつなぐのがOKの場合、キスをしてみることによって反応を見ることができます。

キスまで行けばセックスもOKの可能性が高く「この後、自宅で飲み直さない?」といえばホイホイついていく可能性が高いです。

あれ?告白はしなくていいの?

よくある「好きです。付き合ってください」という告白をして彼女・彼氏の関係になる契約。

あれ、する必要ないです。

・・・え、何言っているのコイツ?

という声が聞こえてくるかもしれませんが、もう一度言います。

告白はする必要はありません。

中、高校生の恋愛なら「告白」してお付き合いが始まるといったところでしょう。

思春期のウブな恋愛ならお互いの恋愛経験が浅いので、コレで良いかもしれませんが、大人の恋愛はそうではありません。

セックスから始まる恋愛もあります。

大人の恋愛であれば、ムードが良ければキスくらいしますし、キスしてその気になればセックスだってするでしょう。

「告白」されて付き合っている訳ではなく、一緒に遊んだり、時にはキスしたりセックスしていたりする・・・

この状態が続くと女性が「今のあなたとの関係性」に不安になってきます。

そして女性の方から

「あれ??私たちって今付き合ってるんだよね??」

「私のコトどう思っているの・・・?」

と言ったことを必ず聞いてきます。

このタイミングで

「既に付き合っていると思ってたよ。」

と言ったニュアンスの言葉をかけてあげてください。

そしたら絶対に付き合えます。

基本的なスタンスしては「流れで意気投合して付き合っているような状態」にしてしまいましょう。

以上が彼女の作り方の一連の流れになります。

まとめ

基本的なスタンスとして

出会う

デートする

お酒を飲む

手をつなぐ・キスをする・セックスをする

というのが彼女を作るために一番おすすめの流れになります。