女性との会話

すぐにでも実行可能 簡単に女性に慣れるための方法

女性店員

女性に慣れるためにはどのような訓練をすればよいと思いますか?

あなたは、彼女は欲しいけど「どうしても女性に話しかける 勇気が出ない」と思っていませんか?

そんなあなたのために「女性に慣れるための訓練法」をお教えいたします!

人と対面しない販売方法は利用するな!

それは「自動販売機」 「ネットショッピング」や「通信販売」もできるだけ利用しないことです。

いったいどうしてだと思われるかもしれませんが、これにはちゃんとした理由があります。

その理由は「女性と接する機会」を増やすということです。

「あなたに彼女ができるチャンス」はいつどこに転がっているかわからないので、無人の「自販機」や「ネットショッピング」「通販」のような人と接する機会がない購入方法は避けましょう。

ジュースを買う時も、たばこを買う時も基本的には「お店で店員さんと対面すること」が基本です。

あと、当たり前ですが店員さんはできるだけ「女性の店員」と接するようにしましょう。

「女性と接触する時間」を毎日の生活の中で、できるかぎり増やしていくことが大切です。

女性と会話する機会を増やし練習せよ!

私も最初の頃は女性慣れするために、商品のある場所や商品についての情報などを積極的に女性店員に質問していたものです。

そのおかげで、かなり女性慣れすることができました。

例えば喫茶店に行って

女性店員 「いらしゃいませ~。何にしますか?」

あなた 「じゃ、普通のホットコーヒーください」

のようなこれだけの会話でも全然OKです。

「これがいったい何の役に立つのか」と思うかもしれませんが、別にそこから口説けとかナンパしろとかではなくで、女性に慣れるためには「絶好の訓練法」になるからです。

こうやって無理矢理に、あなたの日常生活に「女性と接する時間」を増やしていきましょう。

これならあなたにも簡単にできますよね。

スーパーに行くならセルフレジは使用せず女性店員にレジを打ってもらう。

散髪に行くなら「女性が切ってくれる美容室」に行く。

とにかく1日のうちに「女性と会話する機会を増やす」という努力を日々忘れないようにしてください。

あと、女性と会話したり接触して「お礼」をいうことがあれば「すみません」ではなく「ありがとう!」と言うようにしましょう。

なぜなら「すみません」と言ってしまうと距離が遠く感じるけど、「ありがとう」と言えば、距離が縮まった感じがするからです。

簡単に女性に慣れるための方法 まとめ

あなたが女性に慣れるための訓練法についてしっかり理解していただけましたか?

もしあなたが普段から「自動販売機」でたばこやジュースを買ったり、「ネットショッピング」や「通販」を利用しているなら、今日からはできるだけ直接店に行って買い物をするようにしましょう。

その時レジでの会計は、できるだけ女性店員さんにしてもらって、また商品に関する質問も積極的にしてみてください。

そうすることによって、あなたがみるみる女性慣れしていくことは間違いありません。