出会い系

制約の多い出会い系サイトは出会いにくい?

出会い系サイトを利用していると

「18歳未満利用禁止!」

「金銭のやり取りがある書き込みは利用停止!」

「1通メール送信するのに5ポイント(50円分)かかります」

といったような利用規約を目にします。

はっきり言って「めんどくさい規約」というのが本音だと思います。

しかし、こういった「めんどくさい規約」というのは実は超重要なのです。

制約の多い出会い系サイトは出会いにくい?

実はこういった「制約の多い出会い系サイト」というのは安全で最も出会いやすいサイトなのです。

今回はその理由について説明していこうと思います。

金銭のやり取りがある書き込みをしている場合は利用停止

「出会い系で金銭のやり取り」というのは間違いなく援助交際のことを示しています。

しかし、相手が18歳未満でなければ援助交際は禁止ではありません。

実際に、お金を払って一緒に寝る「割り切り」があるくらいですので、出会い系側もそれ自体は許容をしています。

では、何のために金銭のやり取りがある書き込みを禁止しているのでしょうか?

それは、業者対策のためです。

出会い系を利用していると、大手優良出会い系サイトだろうが小さい出会い系サイトだろうが、必ずと言っていいほどデリヘル業者がいます。

彼らは出会い系で集客をして、この書き込みに男がひっかかたらデリヘル嬢を派遣して1プレイ2万円請求します。

そして嬢に1万、派遣業者に1万円入るような仕組みになっています。

出会い系ユーザーからしたら、いざメール送信代金を支払ってデリヘル嬢だったら憤慨ものです。

出会い系運営側も、サイトの評判を落としたくないから業者を増やしたくないと考えています。

そこで、金銭のあるやり取りがあるつぶやきをするユーザーや、明らかに業者だとわかる場合に強制退会させるケースが多々あります。

結果的に、出会い系で真っ当に出会って、真っ当に彼女を作りたい私達側としてはそういった業者が減ってくれれば快適に利用できます。

18歳未満利用禁止

ロリコンの人には残念かもしれませんが、大手優良出会い系サイトは18歳未満利用禁止で、しかも仮登録後、顔写真と証明書を送らなければ本登録できない形になっています。

ですから、18歳未満の女の子は基本的に大手優良出会い系サイトを利用することはできなくなっています。

18歳未満の女の子と性行為をすることによって逮捕されるリスクがあります。

大抵、「1回や2回バレないだろう・・・・」と未成年との行為を繰り返してどこかで警察の網に引っかかって御用となるのが定番的な性犯罪での逮捕ですが、もしそうなってしまったら「社会的に」抹殺されます。

最悪、自分のフルネームがテレビや雑誌ネット上に出てしまい、再就職は困難になってしまいますのでリスクが非常に高いと言えます。

そして、出会い系サイトが18歳未満禁止にすることによって私たちには不要なリスクがかからなくなります。

18歳未満ということは他にもメリットがあります。

視点を変えてみると18歳未満利用禁止にはもう一つメリットがあります。

それは「ライバルが減る」ことです。

18歳未満も利用できる形にしてしまいうと、性欲が強くてガツガツしている間違いなく中高生も参入してきます。

つまり、ライバルが増えるということです。

18歳未満にするおかげでライバルも減るというわけです。

メールを送信するのにお金がかかる

これも出会い系を利用するのに重要なポイントです。

出会い系を使うと「お金」という制約がかかってきます。

この部分が出会い系に手を出しづらい部分だと思います。

しかし、出会い系にお金を使うことは出会う上で必要なことだと思います。

何故なら「有料課金制」故にむやみやたらにメールを送ることができないため、結果的に戦略を練ったもん勝ちだからです。

また、有料ゆえに、大手出会い系サイトはその売り上げを利用して雑誌や都内ビルの看板、チラシやネット広告などを駆使して大々的な宣伝を行っています。

サポートに回す分にもきちんと人件費として利用しているので結果的に出会えるし、快適に使えるようになっているのです。

不当な価格の出会い系は気を付けろ!

上記のように制約が厳しい出会い系サイトは、実は凄く優良な出会い系サイトという話をしました。

ただし、不当な価格の出会い系サイトは気を付けてください。

悪質出会い系サイトの可能性が高いです。

一般的に大手出会い系サイトとは

・プロフィール閲覧に10円
・メール送信に50円

せいぜいこんなもんです。

それに対して悪徳出会い系サイトは

・迷惑メールを送ってくる
・メールの送受信に200円~1000円程度かかる
・簡単に退会できない
・海外に所在地がある

といったような特徴があります。

「制約が厳しい」とはいっても、きちんと理由ありきの制約が厳しい出会い系サイトはオススメですが、そうではなく、ユーザーから不当に「金をむしり取るための制約」が多い出会い系サイトは避けるべきです。

大手優良出会い系サイトはこれだ!

大手優良出会い系サイトなんて、全国で片手で数えるくらいしかありません。

大手出会い系サイトは上記のように広告費に膨大なお金を費やしている以外に

・運営歴10年以上
・ユーザー数100万人以上
・知名度が高い
・広告費に億単位のお金を使っている

といった特徴があります。

これらに該当するPCMAXとハッピーメールをオススメしていますが、簡単に出会えます。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
PCMAXの評価・評判・口コミは?本当は出会えない?PCMAXは累計会員数1400万人、創設15年以上の実績を持つ日本最大級の優良出会い系マッチングサイトです。 会員数1400万人、...

制約の多い出会い系サイトは出会いにくい? まとめ

出会い系サイトにおいて金銭的制約、18歳未満利用禁止といった制約があること、また悪い使い方をすると運営側から注意勧告を受けて何度もそれがあると退会処分に荒れてしまいますが、そういった「厳しさ」は出会い系サイトには必要なものです。

おかげで業者が減り、18歳未満の女の子と関係を持つリスクも減り、ユーザー側の私たちとしては快適に使うことができるわけです。

良い意味で制約の厳しい出会い系サイトを利用しましょう。