LINE、メール攻略

LINE、メールが続かない時チェックするべき5つの項目

好みの女性のLINEidやメルアドを聞い、LINE、メールをするときにあるとき「パタッ」と返信が止まってしまう場合、あるいは最初から返信をなかなかしてくれない場合があります。

こういう時って、せっかくここまでメール続けてあとちょっとで付き合えたのに逃してしまう感じが針にかかった魚を逃してしまうという感じと重なりますよね。

「あーちくしょー逃しちまった」ってやつです。

そこで今回は、LINEやメールの返信がない場合、何が原因でどうすれば返信が来るようになるのか考えていこうと思います。

LINE、メール返信のタイミングが悪い

正直なこと言いますとLINEやメールの内容より「LINEやメールのタイミング」の方が大事です。

これはLINEやメールの返信速度が速ければよい、遅ければよいという話ではありません。

LINEやメールをどのタイミングで返せばよいのかというのは相手が返信してくる「リズム」とLINE、メールの内容によります。

基本的に返信するタイミングは相手に合わせてください。

例えば、相手が会社勤めでお昼休みの時間帯と朝と夜以外は返信がないという場合もあります。

でしたら相手に返信する時間帯を合わせてあげてください。

頻度や文字数に関してもそうで、相手が長文で返してくれるならこちらも長文で、相手が短文で返してくれるならこちらも短文でというようにLINE、メールのやり取りをするとよいでしょう。

文字数や頻度やタイミング、全部相手の「リズム」に合わせてください。

返事を強制させない

返事を女性に強制させるのは辞めてください。

客観的に見て気持ち悪いです。

半日返信がないからといって「何で返信してくれないの??」と送り返すメンヘラみたいな男性がいますが、辞めてください。

とても余裕がない男に見えてしまいます。

ちょっと忙しいとき半日返信しないことなんて全然ありうるわけですし、どうしても返信したくないときだってあります。

少なくとも1日、できれば3日は待ちましょう。

3日間待って返信なかったらもう一回送り直してもいいですね。

3日待って、もう一度送って返信なければもうその女性は放置して次の出会いを探しましょう。

その女の子は返信する気がないと判断して次の女の子にアプローチしていったほうが精神衛生上よいですし、固執して他の女の子とのチャンスを失うのは勿体ありません。

LINE、メールの話が長い

話が長い(LINE、メールの文章)が長い人は嫌われます。

これはリアルでもネットでもそうです。

5ちゃんとかの掲示板を見ても、よくわからない文章を遠回しにネチネチとわかりづらく説明して「よくわからんから3行で」っていうやりとり一度は見たことあると思います。

相手がよほどの長文送ってくる女の子なら話は別ですが、そうでないなら3行以内の返信を心がけてください。

質問をする

最後、できるだけ相手に対して返しやすい形でLINE、メールを返してください。

どうすればよく分からないなら「質問で終わらせる」というのを心がけておけば、とりあえずLINE、メールのやり取りはある程度進むはずです。

何個も何個も質問入れたらあれですが、(例えばどこ住み??趣味は??彼氏いるの??好きなアーティストは??みたいにガツガツ聞くのは引かれます)質問を1個か2個入れて返信すると返信が返ってくる確率が上がります。

ポイントは相手に考えさせないこと

女の子に限らず、LINE、メールの返信をしないときはあるパターンがあります。

それは「相手にその後の返事を考えさせる」です。

質問が一切ないLINE、メールが来たとき、何を思うかというと、大半の人は「返信する内容考えるのめんどくさ・・・」です。

元々、寂しがり屋でLINE、メールが大好きな人であれば問題はないですが、結構LINE、メールを面倒くさがる人は多いです。

ここで仮に質問で終わらせてあげれば、相手は特に考えることなくスムーズに返信してくれる可能性が高いです。

相手の身になって相手がめんどくさいと感じることを率先してやることは女の子に好かれるために必須です。

例えば以下のLINE、メールどっちが返しやすいでしょうか??

A.へぇ、そうなんだ!(^^)!都内のどこら辺に住んでいるの??

B自分は都内の新宿あたりに住んでいるよ!

Aなら何も考えず自分の住んでいるところを返信すればいいですが、Bで返信するとだと次に質問する内容は女の子が考えなきゃいけなくなります。

こんなLINE、メール来てもよほど好きな人でなければなかなか返信してくれません。

相手のことを考えたLINE、メールの返信をしましょう。

「相手の身になって考える」というのは女の子に好かれる重要スキルです。

すぐに会いたがる

すぐに会いたがるのは辞めましょう。

すぐに会いたがるLINEやメールを送ってみてもいいですが、成功率がガクンと下がります。

少なくともLINE、メールやりとりを5~10回いってから「会いたい」という気持ちを出していきましょう。

少なくとも即日に逢おうとするのを期待しない方がいいです。

3日~1週間は時間をかけていくことを意識しましょう。

相手のことを話す

極力、LINE、メールのやり取り中、相手の趣味を見抜き、相手のことについて話しましょう。

決して自分中心のLINEやメールをしないほうがいいです。

やっぱり自分のことばかり話されても相手からしたらつまらないです。

自己中心的にならず、相手に興味を持ちましょう。

LINE、メールのテンションが合う合わないがあることを理解する

どうしても相性的なものがあります。

相手とのLINE、メールのテンション、ノリ自体合わないこともあるためその場合はどんどん次の女の子にアタックしていきましょう。

LINE、メールのテンション、ノリが合わなくてもとりあえずは「ノリ、テンションが合う女の子と会うまでの練習」にはなりますので無駄にはなりません。